スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

【S11最高2005】マンダマンムー総括【バトルシャトーオフ、京大カップ、関西シングルFESTA、北大阪オフ、DreamCup使用】

ここ2か月ほど使用していたマンダマンムーについての総括記事です。
夏休み頭に草案を考え微調整しながら使っていました。8月ごろはある程度勝てたのですが、環境の変遷とともに勝てなくなった(後述)ので公開。結果は特にありませんが長く使っていたのでまとめ記事に。
S11最高レートは2005
第1回バトルシャトーオフは予選4-1で2位抜けからのベスト8
第24回京大カップ(チーム)では準優勝
第6回関西シングルフェスタは3-4で予選落ち
第13回北大阪オフは7-2で予選落ち
DreamCupでは0-3(adamsさん戦では別構築使用)

最終形(関西シングルFESTA、北大阪オフ、DreamCupで使用したもの)を掲載。
色メガボーマンダ色マンムー色ボルトロス
バシャーモ
色メガサーナイトgif色ナットレイ

ボーマンダ@ナイト
201-187-164-*-111-155
捨て身/羽休め/龍の舞/空元気
マンムー@ゴツメ
207-152-145-*-81-109
地震/氷の礫/ステロ/毒毒
ボルトロス化身@オボン
185-*-101-145-127-138
10万ボルト/気合玉/悪巧み/電磁波
バシャーモ@珠
155-189-90-131-81-132
フレアドライブ/飛び膝蹴り/めざめるパワー氷/守る
サーナイト@ナイト
159-*-85-202-155-167
ハイパーボイス/サイコショック/挑発/鬼火
ナットレイ@拘り鉢巻
181-160-152-*-136-22
ジャイロボール/パワーウィップ/大爆発/叩き落とす

個別解説

色メガボーマンダ

ボーマンダ@ナイト
201-187-164-*-111-155
捨て身/羽休め/龍の舞/空元気
この構築の軸。配分意図としてはSは意地ガブリアス抜き、Hは201を確保、Aはステロ込2舞捨て身でHB特化スイクン最高乱数切りで落とせるライン。残りをBに。
先制技で縛られにくいということでHB方向に厚く振った舞マンダ。そのためファイアロー耐性すなわち空元気が必要でこの技構成を変えられない。地震を打ちたい場面は多いが仕方ない。
おそらく、199-187-150-*-111-170にして陽気ガブリアスまで抜いたうえでメガ前DL対策をした方が強いと思うがギリギリで耐えることが多かったのと使い慣れた個体を変えたくないということで変更せず。

ファイアロー、ハッサム、猫不意ガルーラ、マリルリなど多くの先制技持ちに強いがボルトロスという最強の先制技持ちに弱い。裏である程度はカバーしているが、実際ボルトロスに対してはある程度何を持っているか勘で動かざるをえない場面も多く難しい。
しかしそれ以上にクレセスイクンゲッコウガクチートパルシェンあたりが本当に厳しくこの構築の解散原因でもある。ただ、うまく舞えると止まらないときは本当に止まらないので癖になるポケモンであった。

色マンムー
マンムー@ゴツメ
207-152-145-*-81-109
地震/氷の礫/ステロ/毒毒
ゴツメ枠兼地面枠としてマンムー。電気の一貫を切れる、ステロが撒ける、ガルーラの冷Bに出せる、ボルトに抜群の先制技が持てるなどの点からこいつが最も適すると思われる。何より最も大きいのはスカガブやカイリューに後投げして処理できる点。一応ナットレイは置いているが基本的に物理龍をこいつで倒すあるいは流してステロをまき最後にマンダで〆る形で処理する。
技構成もピクシーや受けループが重く地割れを採用していた時もあったがクレセリアの増加に伴い毒毒に変更。使う場面が圧倒的に多く技構成はこれでいいと思う。こいつでステロをまくとボルトロスはマンダを何度も受けることが出来ないのでその流れを作るのが理想的な展開。

色ボルトロス
ボルトロス化身@オボン
185-*-101-145-127-138
10万ボルト/気合玉/悪巧み/電磁波
電気枠として穏やかボルト。相手のボルトロスも見ている駒ではあるが、何よりスイクンが重いため必須。
ガブはマンムーで何とかするのでめざ氷がなくてもそこまで問題はなく、むしろナットレイやメガライボルト、炎ロトムなどとある程度戦える気合玉が必要。高耐久の崩しに使う悪巧みも必須。ここが化身ボルトである必要性はめざ氷バシャーモとゲンガー。ライコウや霊獣ボルトロスではこのあたりが非常につらい。マンダボルト対面ではマンムー読み草結び気合玉読みでこいつを出すことが割とあったりする。
バシャーモ

バシャーモ@珠
155-189-90-131-81-132
フレアドライブ/飛び膝蹴り/めざめるパワー氷/守る
炎枠としてバシャーモ。クチート絡みの展開などのマンダが展開しにくい鋼に出したりマンダマンムーバシャーモ瀬出で無理やり殴りに行ったりする。
うっかりやでなくやんちゃにしている理由はスイクン、ニンフィア、サーナイト、ゲンガーあたりにきちんと打点を持つため。めざ氷の火力は出ないが後投げされるカイリュー、ボーマンダ、ランドロス程度にしか打たず、ステロを絡めれば割と落とせたりする。どちらかというと選出幅を広げる技であり、マンダマンムーやポリクチカイリューに出すために採用している。

色メガサーナイトgif
サーナイト@ナイト
159-*-85-202-155-167
ハイパーボイス/サイコショック/挑発/鬼火
2枚目のメガ枠としてサーナイト。マンダが苦手なクレセスイクンなどに強く特殊バシャーモクレッフィピクシーオニゴーリなどにも戦える。技構成は悩んだが4枠目に鬼火を採用。これはチョッキマンムーやナットレイ、クチート、ギルガルドなどに交換際に当てる技。対面で打つこともあるがその場合道連れでいいことが多い。ヒードランも重めなので気合玉も欲しい。技候補が多すぎて辛かったがさすがに挑発は切れないためきつい。
配分は200地震耐え程度まで耐久を上げ、最速を確保して残りC。この程度確保することで催眠考慮しなければメガゲンガーにも対面からそこそこ勝てる。
クチートはもともとバシャで見ていたが、ブルンクチート、クレセクチートが無理であるためその場合このポケモンで処理する。そもそもクチート見た段階でほぼマンダ選出しないのだが。

色ナットレイ
ナットレイ@拘り鉢巻
181-160-152-*-136-22
ジャイロボール/パワーウィップ/大爆発/叩き落とす
鋼枠としてナットレイ。ガルーラ、ガブリアス、スイクン、ニンフィア、マンムーあたりへの処理速度を上げる鉢巻で採用。
ニンフィアやマンムーを見るとある程度選出を強要されるが実際のところあまり出てこず普通に選出していた方が良かったということが多い。この枠は色々考えるが適任が思いつかず渋々入れている感じ。しかし炎技ガルーラ増えすぎて流石にもう駄目だと思う。選出率も最下位。大爆発があると腐りにくい上起点になりにくいのでそれは強かった。

なんでこの構築がS11後半から急にきつくなったかというと1つ目は秘密の力ガルーラのせいです。猫捨て身もグロ捨て身もマンダマンムーでだいぶ対応できていたのに一気につらく(というかほぼ無理に)なりました。放射身代わり持ちが多いのがさらにきついです。2つ目はクチート、パルシェン、ゲッコウガ。このあたりが最近数を増やしているのが相当きついです。パルシェンを考えるとナットレイはシュカギルガルドの方が無難ですね。その型で回していたこともあります。最後に襷バシャーモの増加です。こっちはボルトとかで対応できるのでまだましですが苦しいには苦しいです。
正直ガルガブボルトみたいな対面はマンダマンムーボルトで大体勝てていたのにそれが出来なくなった時点で解散するしかなかったのに特に次の案もモチベもなくグダグダ使い続けていたのは猛反省です。

ちなみにバトルシャトーオフの時は
オボンボルトロス→残飯瞑想ライコウ 
鉢巻ナットレイ→シュカギルガルド
京大カップの時は
メガサーナイト→プレートニンフィア
鉢巻ナットレイ→鉢巻ドータクンでした。
割と今なら秘密の力ガルーラとパルシェンのせいでこの構築だとナットレイよりドータクンの方が強いと思います。どうせニンフィアマンムー以外に出さないので。クチートにもナットレイよりはまだまし。

最近あまりにも勝ててないので流石に勝ちたい...真面目にやります。
スポンサーサイト
2015-10-04(Sun)
 
プロフィール

くりぷとん

Author:くりぷとん
twitterID @krypton63

ORASレート 最高2194(S17)
SMレート
S1 最高2107
S2 最高2053
S3 最高2136 最終2101
S4 最高2106 最終2057
S5 最高2137 最終2037
S6 最高2124 最終2124

大会
第16回京大カップ準優勝
キツネの社突発200人規模大会優勝
第18回京大カップ優勝
第39回委員会オフ3位
第11回北大阪オフ優勝
第40回委員会オフ4位
第42回委員会オフ準優勝
第9回関西シングルFESTA3位
第3回P2オフ準優勝
第4回P2オフ4位

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。