スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

【シングル】第39回委員会オフ オフレポ

前の土曜日に行われた第39回委員会オフのオフレポです。こういうものを書くのは初めてなので読みにくかったら申し訳ありません。
使用構築はこちら
マンムーゲンガースイクン

ブロックは10人の炎ブロックでした。めちゃくちゃプレミ多いです。

VSメザーランスさん 
相手 ランドロス霊獣 サーナイト スイクン (ボルトロス化身 バシャーモ ギルガルド)
自分 リザードン マンムー スイクン

初戦からボルトランド引いてよっしゃーとか思い、選出する。この並びには前日に想定選出をしておいたのでこれで行くことに。
とか言ってたらいきなり初手不利対面。マンムーの圧力とは何だったのか。
仕方ないので交代でマンムーを出し、封じを受ける。
ここでスイクンバック読みでリザを投げると叩かれる。仕方なく突っ張りニトロチャージ。封じを耐えて逆鱗で倒す。
ここが大きなミスで裏にサナがいることを想定するなら、メガしていない状態でマンムーと対面させて抜きたいのでフレドラで相打ち取るべきだし、そもそも突っ張ること自体がリスク高すぎる。裏のスイクンどうするんですか...とはいえこうせざるをえない程度には全体的に数値が足りないんですよね。
そもそも今思うと最初マンムーじゃなくてスイクン投げろよって思うし、かなり酷い立ち回り。
当然サーナイトが出てきて、ハイボでリザが落ちる。どうしようと思いつつ仕方ないのでスイクンで零度を打つと1発で当たってサーナイトが落ちる。
当てる零度は最強だった
裏から出てくるスイクンにも熱湯+やけど+神速を耐え2回目の零度を当てて倒す。
終わった後マジで申し訳なかったですがこういうこともあります。
正直ちゃんと立ち回ってれば全然勝ててた(というかマンムーランド対面で氷柱か礫打ってれば終わり)し、択制さないといけない構築とはいえひどすぎました。
とにかく勝ったし今日は何か持ってると信じつつもっとまともに立ち回るように反省しつつ次の試合へ。

勝ち 1-0

VSラルドさん 
相手 コバルオン バンギラス ユキノオー (ゲンガー トゲキッス ヌオー)
自分 ニンフィア リザードン スイクン

コバルオンってなんですか...とか思ってとりあえずニンフィアが珠アイヘ耐えるか計算したところ耐えることが判明したので出していく方向で考える。
ユキノオー+ゲンガーに強いリザードンが必要なので、初手ステロコバルオンにステロ以上のことをさせたくなかったのが大きい。
後はユキノオー以外に割と刺さるスイクンを選出。

初手は想定通りなのでとりあえずハイボを打つ。電磁波をまかれるが動き一撃でコバルオンを葬る。
アド取ったと思うと出てくるのはユキノオー。防音かーと思ったら雪が降り出す。
なんかハイボで死にそうな顔してるのでハイボ押すが麻痺る。吹雪が1/3くらい。霰が入る。バグる。まあ仕方ない。
相手守る。こっち動く。霰が入る。
相手吹雪。こっちバグる。霰が入る。
相手の吹雪でニンフィアが死ぬ。
ニンフィア君自覚見せてくれよ...
仕方がないのでリザードンを投げる。悩むが襷の可能性もあるしとりあえずニトロチャージ。相手守る。
まさかのリザードンの前でユキノオーに守られて唖然。Yに思われたとしか思えない。仕方がないのでもう一回打つとバンギラスが出てくる。
まあ死ぬでしょーとか思いながら逆鱗打ったら電磁波。お前もかよ。次の雪崩は耐えて逆鱗で倒すが砂で相打ち。
スイクンVSユキノオー対面に。仕方ないので零度打ったら今度は外してエナジーボール2回で負け。
冷静に考えてあそこはバンギラスにスイクンを投げるべきですね。またひどいプレミするし負けに直結したのでさらに反省する。ニンフィアがどちらかで動いてれば勝ててましたし運はあんまりでしたがまあ1戦目がアレなので仕方ないですね

負け 1-1

VSクマさん
相手 エンテイ ユキノオー スイクン (ギルガルド カバルドン ボルトロス化)
自分 マンムー リザードン スイクン

またユキノオーかよ...と思いながらリザードンを投げる。カバルドン以外ほぼカモなのでそこに強いマンムーとスイクン選出。
とりあえずは微妙な対面ですが5割で勝てるので地震。スイクン投げはユキノオーバックが見えるのでやりたくなかった。
予想通りユキノオーが出てきて地震で4割ほど削る。氷柱針が3発ほど当たれば倒せるが、スカーフの可能性、2発で止まった時のことを考えてリザードンを投げる。しかしメガ枠ユキノオーしかいないのでスカーフは切っていいことに後から気づく。
ここで相手はスイクンにバック。おそらく氷技読みでしょう。ラッキーなのでエンテイバック読み剣舞。
エンテイが出てきてプレシャスなのは確認済みで、まあ抜かれないと思い逆鱗。普通に落とし、ユキノオーが出てくるが礫を耐えそのままスイクンも落として勝ち。
まじでカバルドンいないと分かった瞬間にリザードンで舞うかーですべてが終わったので唯一のイージーウィンでした。
逆鱗が3ターン続かなくても流石に3匹いればよほどのことがない限りスイクンに勝てるし、準速エンテイとかいないでしょうという判断。

勝ち 2-1

VSほとりさん
相手 バンギラス ドリュウズ ゲンガー (マリルリ キノガッサ 化身ボルトロス)
自分 マンムー スイクン ゲンガー

当たりたくなというか半ば切ってた構築、砂ドリュウズを引いてしまう。
数日前に砂ドリュウズ考えた結果厳しすぎて切ったのにあたらんでくれよ...
とはいえカバドリほどはきつくないので、初手はバンギにいろいろされないようにマンムー。
ドリュウズ止めるために必要なスイクン。
マリルリがきつすぎるがさすがにボルトロスは出せないのでゲンガー。これはこれで相手のゲンガーがきついですがマリルリほどは来ないという認識。マンムーがある程度戦えるし最悪何とかなるかなと。

とりあえずマンムーバンギ対面。とりあえず地震。バンギが死ぬ。相手「えっ」
これがバンギドリュならカバドリよりは何とかなる理由。珠地震の強みが出た試合。

ドリュウズが来る。風船持ち。礫打って捨ててもよかったがガッサ意識でとりあえず残す。
アイヘ読みでスイクン。裏はボルトかガッサと読んで冷B打つとゲンガーが出てくる。
まじかーきっつと思いながら半ば捨て気味にマンムーを投げる。ヘドロ爆弾をなんとか耐える。礫で削るがヘド爆+毒で死ぬ。
ダメージ的にCSっぽいので祟り目持ちであることに賭けてゲンガーを投げると予想通り祟り目が飛んでくるのでこちらも祟り目で倒す。ラストドリュウズVSスイクンで熱湯で燃やして勝ち。燃えなかったら多分乱数。

このスイクン最強かーって感じ。もともときつい相手でしたがギリギリ勝利。
熱湯+礫でドリュウズを処理するためにマンムーはドリュウズに礫打つのが正解だったかもしれませんが正直この構築でドリュウズは重すぎてどう立ち回るのが正しいのかよくわからないというのが本音。メガゲンガーでアイヘ耐えて何とかしようかなとかも思ってたけどうまくいかないものですね。

勝ち 3-1

VSぼんさいさん
相手 ガルーラ エルフーン ヒードラン (クレセリア ゾロアーク 霊獣ランドロス)
自分 ゲンガー スイクン マンムー

見た瞬間頭を抱えました。さっきもきつかったけどこれはこれできつい...
基本的にガルーラをゲンガーで見てるのにゾロアークってどうするんですかっていう。
行きにレートでひゅーずがゾロアークガルーラとかいう並びに当たったーとかいう話をしてたんですがまさか自分が本当に当たるとは。

悩んだ結果最も広範囲に対応できるこの選出に。初手で考えた結果とりあえずヘドロウェーブを打つ。理由はゾロアークだった場合ゲンガー死んだらガルーラで詰みかねない、しかし引けないから本物の可能性に賭けて打ちました。こういうのは牽制で使ってることが多いですし偽物なら割り切って、本物なら削れれば裏で何とかなるし、さすがに地震とか不意打ちは打たないだろーと思っていたら不意打ちで見事に死亡。
流石にでしょそれ...って感じ。向こうは珠気合玉ゲンガーだと思ってたみたいですがそれなら身代わり安定なんだから不意打ちはないだろーっていう。完全に想定外。
仕方なくスイクン投げるとグロウパンチを打たれ、熱湯を打つが燃えない。すてみタックルで相打ち。
負けたかなーと思いマンムー投げるとヒードラン。裏がランドロスなら何とか...って思ってとりあえず地震を打つと出てきたエルフーンがなんか半分弱削れる。つっよwアンコールされるがそのまま地震で押し切って勝ち。
相手からしたらヒードラン切ってエルフーン投げてアンコールしてたら勝てたといわれ確かにそれなら負けてたかもしれません。
めっちゃきつい構築2連で引いたのに両方勝ててこれは本当に行けるのではと思い始める。

勝ち 4-1

VSあみんさん
相手 スイクン ガブリアス ニンフィア (リザードン ゲンガー ボルトロス化身)
自分 ニンフィア リザードン マンムー

まさかの5被り。ガブとマンムーが違うだけです。
ミラーに近いのでしての持ち物もある程度目星を立てて選出。
6被りならマンムーではなくスイクンなんですがリザを通すためにガブを意識したかったのでマンムー選出。
初手この対面でスイクンが光ってなかったのでミラコ読みリザ投げが成功。すごく破壊光線を打ちたかったがリザに舞われる未来しか見えなかったから仕方がない。

交換読みでニトロチャージを打つとガブリアスが出てくる。悩むが逆鱗を打つと相手はスカーフで上から逆鱗で殴られてリザードンが落ちて苦しくなる。地震に後投げできる奴が少ない問題。逆鱗を透かしにニンフィアを投げてハイパーボイス。
ミラコ読みでマンムー投げると熱湯で落ちる。まあ仕方ない。ニンフィアを投げる
†ニンフィアの破壊光線†
メンツ的にチョッキではないと判断しミラコ読みで打って落とす。裏はニンフィア。相手は破壊光線がなかったようでかつ素早さもこっちが上だったので
†もう1回破壊光線†を打って勝ち。
終わった後大爆笑しました。とはいえニンフィアは乱数でしょうし命中率的に微妙な勝負ではありましたが。
なぜかここまでで体力満タンの1対2で相手の裏も見えてない状況から2回も逆転してて正直意味が分からなかった。

勝ち 5-1

VS楓塔也さん
相手 クチート ボーマンダ クレセリア (ムウマージ ヒードラン パルシェン)
自分 ゲンガー マンムー スイクン

初手クチートなのは知っているのでゲンガーを出して相打ちを狙う。クレセで2回回されると勝てません。
残りに強く出れるためにこの選出。ムウマージって何してくるのか知らないけどきっと何とかなる。

予想通りクチートで鬼火→身代わり、祟り目→叩き落とすでここから不意打ちと道連れの択に。
とりあえず道連れ連発しておけば悪くても相打ちなので道連れを連打しててそろそろやけどで死にそうなところで祟り目を打ったら落ちる。出てくるのはボーマンダ。流石に舞われる危険性を考えると道連れは危ないのでヘドロウェーブで削る。襷で礫を耐えらえるのが負け筋だったが舞われて地震でゲンガーが落ちる。珠持ち確認。
マンムーを出して礫を打つとクレセが出てきて毒を打つとリフレクター。スイクンバックすると光の壁から三日月の舞でボーマンダに繋がれる。礫圏内にさえ入れればいいので冷Bを打つ。
相手は壁を盾に舞って逆鱗を打つが耐えてゴツメ+珠も入り、冷B2回で普通に落ちて勝ち。
順当に勝ったというかクチートを初手に誘ってゲンガーで倒すことでクレセに回されないようにするという戦法がうまく決まった感じの勝利。

勝ち 6-1

VSあすかさん 
相手 ユキノオー バシャーモ ガブリアス (サンダー コバルオン クレセリア)
自分 ニンフィア リザードン マンムー

これに勝てば予選抜け確定する重要な試合。
なんでユキノオーが3人もいるんだよ5世代かよあとなんでコバルオンも2匹もいるんだよっていう本音。
正直ユキノオーすごく面倒なので選出も困ったが、正直ゾロアークガルーラとバンドリに比べればだいぶ楽な部類。
とりあえず初手コバルオン警戒で再びニンフィア。バシャーモからの引き先がいない上スイクンが出しにくいので先発はバシャモに対面で勝てるニンフィアかリザードンしかないがユキノオー考えるとリザードンは残したいためニンフィアしかなくなった。
防音ユキノオー来たらメガ読みハイボかめざ岩か破壊光線か...とか思ってたら本当にユキノオーが来る。
しかしまた雪を降らしてくるハイボで死にそうなユキノオーだった。
流石に1発は耐えられ珠吹雪を受ける。絶対に礫なのでマンムーで受けて珠ダメでユキノオーを処理。これはさすがにミスでした...バシャーモが出てきて馬鹿力でマンムーが落ちる。しかし1回守るを挟ませることで霰を切らせて乱数を動かすという目的があったんですよ。完全に後付けだけど
リザードンを投げる。裏スカガブと読んで逆鱗。襷でも霰でつぶれるからいいでしょと思いながら打つ。さっきと完全に矛盾してる
ガブを落とし鮫肌が入る(重要)バシャーモは守る。リザードンは混乱。混乱を治すためニンフィアを捨てる。リザードンが馬鹿力を耐え逆鱗で落として勝ち。
A233馬鹿力はダメージ無しなら確定耐えする(これは知ってた)
鮫肌込なら乱数37.5%(正直もっと低乱数だと思ってた)
鮫肌+霰込なら乱数75%
というリザードンにスリップを入れない立ち回りが実は重要という勝負。
とか言ってるけど霰1ターン伸びたところでマンムー残ってたらガブ倒せるからリザが鮫肌受けないから霰1回くらっても確定で勝てたから結局完全なプレミ。
まあこれくらいこの構築は耐久がカツカツなので霰とか砂のスリップダメージは困るわけです。
とりあえず勝ち。

勝ち 7-1

これで予選抜けが確定し、A0さんとの試合が残るがA0さんも抜けが確定していたので型バレ防止のため試合はせず終了して2位抜け。ちなみにメンツ的にまず勝てません。見た瞬間わかりました。

ここから決勝トーナメントです。

1回戦 VSノブさん
相手 ドータクン フライゴン フシギバナ (ドサイドン ウルガモス ゲンガー)
自分 リザードン スイクン ゲンガー

全体的にスイクンが刺さるので、ウルガモスとゲンガー、フシギバナをどうにかする2匹を置こうと考える。すると当然リザードンになる。しかしこれだけではフシギバナが重いしドサイドンも不安なのでゲンガーも選出して2メガ選出。少しウルガモスが重いが仕方がない。という結論になるまでに結構考えました。

とりあえず初手対面は微妙。突っ張るにしろフライゴン投げにしろスイクン出すのが安定。リザードンは残しておきたい。
岩雪崩で少し削れる。フシギバナに交代。熱湯で燃える。かなりおいしい。祟り目で処理する方向で考える。
とりあえずゲンガーを投げると宿木。なら有効打はないかなとか思いながら裏はほぼフライゴン確定。とりあえずヘドロウェーブを打つ。相手が持ち物何か悩んでいたし祟り目は隠す。流石に甘えだった気がします。スイクンを投げる。岩雪崩。
俺「ドータクンの岩雪崩のほうがフライゴンより強いんやけどw」
フシギバナバックが見えるのでゲンガーで合わせる。フライゴンバックが見えるので鬼火を打つが外す。
まあここまで運良かったし仕方ない...と思いながらスイクンを投げると蜻蛉返り。フシギバナが出てくるのでゲンガーを出す。宿木で少し吸われる。次は裏に鬼火を入れられたくないと思い突っ張る読みで祟り目。フシギバナを落とす。
フライゴンが出てくる。ここでゲンガーを切ればいいのに欲張りスイクンを投げるが逆鱗2回で死に焦る。
ここでフライゴンが混乱したのでドータクン交換読みニトロチャージ。最悪突っ張られて尾5分の勝負なので。
当ててドータクンをニトチャ3回で倒し逆鱗でフライゴンを落とし勝利。

今見返すとかなり択合わせてるのに何でこんなに苦戦してるのだろうって考えると完全にゲンガー切らなかったことが悪い。なんとか勝てたからいいけど危なかった。

勝ち8-1 ベスト8

2回戦 VSふぃあぽけさん
相手 ガルーラ ボルトロス化身 オニゴーリ (ファイアロー 霊獣ランドロス ライコウ)
自分 マンムー ゲンガー ニンフィア

面倒なの引いたなーと思いながら選出を考える。
しかし全範囲を見るとこれしか考えられなかった。ニンフィアのめざ岩は打たなかったけどなかったらアローで詰むからこんな選出できない。

とりあえずマンムーは下げてゲンガーでグロパンを空かす。
ボルトロスが出てきて鬼火が入る。マンムーを投げると10万を空かす。
正味ボルトロスが来た段階で裏オニゴーリやんwってなったから交換読みで一貫する地震を打つとオニゴーリが出てくる。
よっしゃアドやんって思ったらオニゴーリが死ぬ。急所って神。
ガルーラが来る。オニゴーリ消えたしニンフィアもういらんwとか言ってると泥かけが飛んできてグロパンハイボのしかかりで死ぬがガルーラは削る。
ゲンガー投げて鬼火打つと不意打ち。後は適当にやってたらガルーラが死ぬ。祟り目で終わりかなーと思ったら
「相手のボルトロスはいばるをつかった!」
ゲンガー自傷。まあ仕方ない。しかし周りから「10まんボルトで麻痺らせればよくね」とかいう不穏な発言が。
次のターンもう1回自傷。まあ次動けば勝ちだし...と思ったら10まんボルトで「ゲンガーは麻痺して技が出にくくなった!」
流石にこの辺で焦りだす。
とりあえずゲンガーを切ってマンムーを投げる。威張られる。当たる。自傷する。やばい。
仕方ないので混乱が解けるか動く可能性に賭けて点に祈った結果
「マンムーのつららばり!」
ギリギリ勝ち。オニゴーリ倒した段階での余裕はどこへ....

9-1  ベスト4

準決勝 VSどりゅうさん
相手 霊獣ボルトロス ポリゴン2 ギルガルド (へラクロス マリルリ ガブリアス)
自分 マンムー ゲンガー ニンフィア

この試合だけBV取り忘れたので間違ってるかもしれません。
霊獣ボルトロス+ポリゴン2という苦しい相手を引いてしまう。予選の時ほどパーティ的にきついわけではありませんがそれでもあまりやりたくはない相手。
初手が微妙。向こうは襷警戒で引く可能性が高いが気合玉が来る可能性は否定できないのでとりあえず礫。ポリ2が出てくる。ダウンロード。ニンフィアを投げるとシャドーボール。ギルガルドが出てくるのが丸わかりなのでマンムーを合わせる。地震打つと霊獣ボルト。気合い玉読みでゲンガー投げる。交換読みで鬼火。相手は10万。
ここで祟り目を打つとボルトを倒せるのですが、ニンフィアでポリ2、マンムーでギルガルドを見るということに固執しすぎてとりあえずボルトロス倒したいということに囚われすぎて道連れしてしまう。今日最大のプレミ。その後ポリ2から入られてマンムーを出してしまい順当に負け。
酷いミスですね...
後で聞いたところリザXの可能性を切っていたらしく、出していたらまず負けなかったと思います。というか絶対ガブリアスかマリルリが出てくると思ってた...マリルリ意識のゲンガーでしたが完全に選出ミスです。

ということでベスト4で負けてしまったので3位決定戦へ

3位決定戦 VSひゅーず
相手 スイクン マンムー リザードン (ニンフィア ボルトロス化身 ゲンガー)
自分 ニンフィア リザードン スイクン

まさかの身内戦、しかも6被りで中身全て知ってる相手(違うところはあるけど違う点も含めて全て知ってる)と3決で当たることに。

選出は刺さるスイクンリザードンは確定、相手のリザードンの逆鱗で止まらないようにニンフィア。
相手からしたらこのニンフィアがリザXのフレドラを約7割で耐えることを知っていることがかなり重要になります。

初手対面は割と有利(ミラーコートないの知ってる)からハイパーボイス。
マンムーが出てきて襷で耐える。この段階で裏はリザードン決定。ニンフィアを削られるわけにいかないのでスイクンを投げるとがむしゃらでスイクンのHP1になりマンムーが落ちる。知ってるとか言いながら彼が我武者羅を採用したのが直前すぎて抜けてましたが、わかっていたところで安定行動はこれになるので仕方ありません。
当然リザードンが出てくる。ここで相手が剣舞するが、
†スイクンのぜったいれいど!一撃必殺!リザードンは倒れた!†
今日2回目の1発目零度当てという。このスイクン強すぎる。
相手のスイクンの神速でスイクンが落ち、ニンフィアのハイボ2回で勝ち。

と、文字に起こすと短いのですが実際どう立ち回っても零度運ゲーになるのが見えているのでこうなるのは仕方ないです。
相手が剣舞したのはフレアドライブでニンフィアを確定で落とせるようにするため。

この場合だと
零度当てれば、2連零度当てられる以外勝ち。
零度を外したらスイクンを切ってリザードンを投げる。相手は逆鱗打つしかないからリザードンが落ちて
ニンフィアで止めてハイボで落とす。
ラストスイクン対ニンフィアで零度2回よければ勝ち。

よって勝率は零度当てから相手の零度が2連で当たらない確率が0.3×0.91=0.273、外してから相手の零度を2回よける確率0.7×0.49=0.343なので足して0.616
なので61.6%で勝てる。
逆に38.4%で負けるけど、剣舞読みリザ投げて同速ゲーだと5分の勝負なのでこれが正解のはず。

相手がニトロチャージから入った場合。
スイクンが落ちてこちらはニンフィアを投げる。68.7%でフレドラを耐えてハイボで落とす。ラストスイクンVSリザードンで零度を1回よければ逆鱗逆鱗で勝ち。(96.5%の乱2)

より、勝率は0.687×(0.7×0.965+0.49×0.035)=0.471
より47.1%
このルートだと勝率は5割弱ですが相手のスイクンに神速があるのが分かっている以上スイクンは残す意味がほぼないのであそこは零度しか打つ技がありません。

そもそもマンムーニンフィア対面で突っ張ったら
我武者羅でニンフィアがHP1になるがマンムーは落とせる。リザードンが出てきて、ニトロチャージをリザードンで受ける。逆鱗でリザードンが落ちるがニンフィアを投げてハイボ(めざ岩)でリザードンを落とす。スイクンが出てきて神速でニンフィアが落ちるがラストスイクン同士の対面でSの勝ってるこちらが有利。
お互い合わせて8回打ち合うと94.2%でどちらかが当たる。

自分の零度が当たる可能性は
0.3+0.7^2×0.3+0.7^4×0.3+0.7^6×0.3=0.554 約55.4%より、
当てて勝ちが55.4%、当てられて負けが38.8%です。全部当たらない場合は知りません。

とはいえ流石にあの段階でそこまで想定して動けないので最終的に割と有利だから突っ張れっていうのは違うと思います。結果的に実際の試合の行動が一番勝率が高いですし。

なのであそこはニトロチャージを打たれるとほぼ5分の勝負に持ち込まれたのでそれが一番苦しかったですね。
結局どう立ち回っても零度当てないと勝てないというなんとも不毛な試合でした。楽しかったですけど。選出段階から分かり切ってたから仕方ない。自分はスイクンのS勝ってるだろうし割り切ってましたが、相手はそれに頼らないルートを探していたようで、当然そんなものはありません。選出中はお互い煽りあってました。

というわけで3位でした。結果自体は満足ですが立ち回りがひどすぎる試合が多いです。それでも勝てたのは選出をある程度あわせられていたからで、それが苦しかった準決勝で負けているあたりこの構築は以下に選出を合わせるかが重要だと思います。

リザ以外が特殊ばっかなのでリザードンがYの可能性は切られると思っていたのですがどちらかというとY想定の動きをされることが多くそれに気づいていればよかったです。

運も良かったとはいえ3位までXYラストで行けたのは満足(準決勝負けたのはアホすぎましたが...)なのでORASも頑張りたいですね。
スポンサーサイト
2014-11-18(Tue)
 

【シングル】XYシングル総括記事


あと数日でORAS発売ということで、自分がこれまでXYで使った構築で強かったり気に入ってたり印象に残ったものをあげたいと思います。他にも使ったものはありますが結構データが残ってなかったりするのと長すぎになるので。かなり長くなりますがご了承ください。同時並行のものもありますが使用順に並べています。また記憶に頼っているので多少間違いがあるかもしれません。

XY戦績
大会結果(6世代シングルのみ)
・第16回京大カップ 9-1 準優勝
・オーシャンビビヨン杯 8-0 優勝
・第17回京大カップ 6-3 予選落ち
・第2回シングルFESTA 7-2 ベスト16
・第2回ゆいおふ 5-3 ベスト8
・第18回京大カップ 9-1 優勝
・第38回委員会オフ 1-8 予選落ち
・第3回シングルFESTA 4-3 予選落ち
・第4回シングルFESTA 4-5 予選落ち
・第39回委員会オフ 10-2  3位

最高レート
・シーズン1 2111
・シーズン2 1970
・シーズン3 2193
・シーズン4 2077
・シーズン5 1960
・シーズン6 2006

ここから構築一覧になります。
ニャオバシャガルーラ
第16回京大カップ準優勝
S1レート最高2111(瞬間4位)

ニャオバシャガルーラ

ニャオニクス@光の粘土 図太いHB
リフレクター/光の壁/威張る/欠伸

バシャーモ@弱点保険 腕白HBS
守る/身代わり/剣の舞/バトンタッチ

ガルーラ@ナイト 意地HAS
恩返し/地震/噛み砕く/不意打ち

水ロトム@オボン 控えめHC
ハイドロポンプ/10万ボルト/ボルトチェンジ/鬼火

フシギバナ@ナイト 控えめHC
ギガドレイン/ヘドロ爆弾/光合成/眠り粉

パルシェン@珠 やんちゃHACS
殻を破る/ハイドロポンプ/ロックブラスト/つららばり

今となっては有名なニャオバシャガルーラですね
当時は認知度が低くeasywinが容易にできました。
シーズン1末期にはメタが貼られてろくに勝てませんでしたが、裏の並びもめちゃくちゃ考えてこうなったので去年11月当時としては完成度が高かったと思っています。今見るとそれはないだろーってのが結構ありますけどね。自分としても初めてまともな結果出せた構築でもあります。

ヘラクレセドラン
第2回シングルFESTAベスト16
第2回ゆいおふベスト8
S2最高レート1970程度


クレセドランヘラ


へラクロス@ナイト 意地HA
ミサイル針/ロックブラスト/種マシンガン/インファイト

ヒードラン@眼鏡 控えめHCS
オーバーヒート/火炎放射/ラスターカノン/大地の力

クレセリア@ゴツメ 図太いHB
冷凍ビーム/電磁波/三日月の舞/月の光

マリルリ@チョッキ 意地HA
滝登り/じゃれつく/はたき落とす/アクアジェット

ゲンガー@ナイト 臆病HS
滅びの歌/守る/シャドーボール/道連れ

ライコウ@珠 臆病HbCS
10万ボルト/ボルトチェンジ/めざめるパワー氷/リフレクター

化身ランドロス@珠 臆病CS
大地の力/岩雪崩/サイコキネシス/気合玉

ゆいおふではライコウ、FESTAでは化身ランドを使用しました。

もともと使う予定だった構築(次紹介)の勝率がよろしくなく、シングルフェスタの前の日の夜9時くらいからパーティを突然変更して少し前に使っていたヘラクレセドランを色々変えて使用しました。結果的に2回とも予選を抜けられたので満足しています。その少し前に使っていた時のレートではあんまりでしたけど。
この時期はファイアローが減っていて、クレセリアやポリゴン2が増えていたのもあってメガへラクロスというポケモンにS操作を絡めた構築が非常に動きやすかったです。もっと練っていればさらに良い構築が作れたとは思うのですけどね。

ガルーラクレセドラン
オーシャンビビヨン杯優勝

ガルクレセドランマリルリゲンガー


ガルーラ@ナイト 意地HA
猫/捨て身/地震/不意打ち

クレセリア@ゴツメ 図太いHB
冷B/毒毒/月の光/三日月の舞

ヒードラン@眼鏡 控えめHCS
オーバーヒート/火炎放射/ラスターカノン/大地の力

ゲンガー@ナイト 臆病HS
シャドーボール/道連れ/滅びの歌/守る

マリルリ@チョッキ 意地HA
滝登り/アクアジェット/じゃれつく/はたき落とす

ギルガルド@保険 冷静HC
シャドーボール/影うち/聖なる剣/キングシールド

あんまり上と変わりませんがガルーラ軸で組んだ構築の初期バージョンです。とりあえず作った数日後にキツネさん主催の突発大会に出てみたら、なんか運も向いてて優勝してしまいました。正直勝てるとは思わなかったのですがあの規模で優勝できたのは素直にうれしかったです。
単純に高スペックのポケモン集めた構築ではあるのですがそれゆえの強さというものが実感できました。

襷ガルド入りバシャサンダーニンフィア
第18回京大カップ優勝
S3最高レート2193


バシャサンダーニンフィア

ギルガルド@襷 うっかりやCS
シャドーボール/めざめるパワー氷/聖なる剣/影うち

バシャーモ@ナイト 意地HAS
フレアドライブ/馬鹿力/はたき落とす/守る

ニンフィア@拘り眼鏡 控えめHBCS
ハイパーボイス/サイコショック/シャドーボール/めざめるパワー地

サンダー@ゴツゴツメット 図太いHB
10万ボルト/熱風/めざめるパワー氷/羽休め

ガブリアス@拘り鉢巻 意地AD
逆鱗/地震/毒づき/ストーンエッジ

ガルーラ@ナイト意地HA
猫騙し/捨て身タックル/地震/岩雪崩

上のクレセドランガルーラの改良をしたらクレセドランその他が抜けてなぜかこんな形になった構築です。
何気にXY最高レート達成構築でもあります。あの頃は良かった...
ポイントとしては襷ガルド。当時流行していた鉢巻ガブリアスの地震を耐えてめざ氷で倒したり、ステロランド処理したりクレセの上から殴ったりできます。
それで裏の障害と1:1交換した後バシャーモ+ニンフィア+サンダーで処理するのが基本です。残り2体はおまけ。
というか入るポケモンとしていい枠が思いつかなかったんですよね。鉢巻ガブリアス、この型のガルーラもガブリアスが面倒なので合ってはいるんですが選出機会があんまりなかったです。
かなり攻撃的な構築で、メガバシャーモ+眼鏡ニンフィア+鉢巻ガブリアス+メガガルーラという並びで火力が相当なものになっていますし、バシャーモ+ニンフィアの攻撃範囲はかなり広く、それらを利用し崩し性能を重視して組んでいるので甘えた物理受け程度では受けられず、自分の好きな方針である高火力でとにかく押して行く構築としてまとめることができました。

しかしなぜかこの少し後くらいからスランプでろくにポケモン勝てなくなりました。

壁ライコウバシャーモ
部内戦3位
S4最高レート2077

ライコウバシャパルカイリュー

ライコウ@粘土 臆病HBS
放電/吠える/リフレクター/光の壁

バシャーモ@ナイト 意地HAS
剣の舞/フレアドライブ/飛び膝蹴り/雷パンチ

ギャラドス@ナイト 意地HAS
龍の舞/アクアテール/地震/身代わり

カイリュー@弱点保険 意地AS
龍の舞/地震/逆鱗/神速

ゲンガー@襷 臆病CS
凍える風/鬼火/挑発/シャドーボール

パルシェン@印 意地HAS
殻を破る氷柱張り/ロックブラスト/氷の礫

スランプの中いろんな人の壁構築の記事を見て組んだ部内戦用の構築です。
剣舞メガバシャーモは本当に止まりにくいのでうまく舞えれば強かったです。
明らかにステロが一貫するのでステロ展開や初手に出て来やすい地面に強い襷こごかぜゲンガーを採用。相手により初手にライコウと選択出来て非常に扱いやすかったです。しかし全体的に相手のフェアリーが重かったのが問題でした。

壁ライコウバシャーモ変更ver
ライコウギャラガルドバシャ


ライコウ@粘土 臆病HBS
放電/吠える/リフレクター/光の壁

バシャーモ@ナイト 意地HAS
剣の舞/フレアドライブ/飛び膝蹴り/雷パンチ

ギャラドス@ナイト 意地HAS
龍の舞/アクアテール/地震/身代わり

パルシェン@珠 意地HAS
殻を破る/氷柱張り/ロックブラスト/氷の礫

ギルガルド@物の怪プレート 意地HAS
剣の舞/アイアンヘッド/影うち/シャドークロー

ガブリアス@ラム 陽気AS
剣の舞/地震/逆鱗/ストーンエッジ

上の構築の亜種です。
ニンフィア、サーナイトに勝てるようギルガルドを投入。また重かったフシギバナナットレイカバルドンあたりに出れてかつステロに強いようカイリューをガブリアスに変更など。
それ自体は悪くないんですがギルガルドを入れてゲンガーが抜けてしまったのが痛かったですね。レートでもオフでも勝ててないですが結構考えて使った構築なので掲載。

バンギランドルカアロー
龍谷学祭優勝
S5レート1930程度


バンギランドルカアロー


霊獣ランドロス@襷 陽気AS
地震/岩石封じ/ステルスロック/大爆発

バンギラス@ナイト 陽気AS
龍の舞/ストーンエッジ/地震/身代わり

ルカリオ@ナイト 臆病CS
悪巧み/気合玉/ラスターカノン/真空波

ファイアロー@プレート 意地HA
剣の舞/ブレイブバード/挑発/羽休め

パルシェン@印 意地HAS
殻を破る/氷柱張り/ロックブラスト/氷の礫

霊獣ボルトロス@珠 臆病CS
10万ボルト/悪巧み/めざめるパワー飛行/気合玉

レートでは下2枠が
アグノム@粘土 臆病HBS
リフレクター/光の壁/ステルスロック/大爆発

ガブリアス@ラム 陽気AS
剣の舞/地震/ダブルチョップ/ストーンエッジ

最近フレ戦などで回していた構築。人のパクリですが一応掲載。

スイクンの増加などに伴い形は途中で少し変更しました。
特に構築について俺が語ることもないですがこういう純粋な積みサイクルというのは個人的にはめっちゃ好きなのでORASでも使いたいですね
。メガマンダとも組み合わせやすそうですし。霊獣ランドさえ厳選すればなんとか...
舞ったルカアローバンギは最強

マンムーゲンガースイクン
第39回委員会オフ3位
S6最高レート1970程度


マンムーゲンガースイクン


マンムー@珠 意地AS
地震/氷の礫/氷柱張り/毒々

ゲンガー@ナイト 臆病HCS
鬼火/祟り目/ヘドロウェーブ/道連れ

スイクン@ゴツメ 呑気HB
熱湯/冷凍ビーム/絶対零度/神速

ボルトロス@オボン 穏やかHbD
10万ボルト/とんぼ返り/電磁波/挑発

ニンフィア@メガネ 控えめHBCs
ハイパーボイス/破壊光線/めざめるパワー岩/サイコショック

リザードン@Xナイト 意地AS
ニトロチャージ/剣の舞/逆鱗/フレアドライブ

同時更新した記事の構築なので詳細はそちらを参照。レート向きではありませんがオフで勝てたので満足です。

最近のオフ戦績がかなり悲惨でしたが委員会オフ勝てたので何とか取り戻せたかなと。ORASではもっと勝ちたいです。せめてレート2000くらいは安定させたいです。
頻繁にオフに行き出したり真剣に対戦し出したのはほとんどXYからなのでそういう意味では自分にとってXYシングルは影響も大きかったし楽しかったです。途中のスランプはあまりにもひどすぎましたが。
2014-11-17(Mon)
 

【シングル】マンムー軸スタン 第39回委員会オフ3位

久しぶりのブログ更新です。
今回、前の土曜日に行われた第39回委員会オフに参加して3位という好成績を収めることができたのでXYシングルのおそらく最終構築について記念に記事にしたいと思います。
予選は炎ブロック7勝1敗1引き分け(2人とも抜け確定したので型バレ防止のため未消化)の2位抜け、決勝3勝1敗の計10勝2敗でした。

マンムーゲンガースイクン














ポケモン技1技2技3技4持ち物
実数値特性
マンムー地震氷の礫氷柱針毒毒命の珠
186-200-100-*-80-132厚い脂肪
ゲンガー鬼火祟り目ヘドロウェーブ道連れゲンガナイト
149-*-106-203-116-200浮遊
スイクン熱湯冷凍ビーム神速絶対零度ゴツゴツメット
205-95-176-116-136-98プレッシャー
ボルトロス化身10万ボルト蜻蛉返り挑発電磁波オボンのみ
186-121-101-145-134-121悪戯心
リザードンニトロチャージ剣の舞逆鱗フレアドライブリザ―ドナイトX
153-200-132-*-105-152猛火
ニンフィアハイパーボイス破壊光線めざめるパワー岩サイコショック拘り眼鏡
191-*-104-166-150-83フェアリースキン


3位決定戦の放送を見ていた方ならご存じのことと思いますが、今回の構築は4位の自分と同じサークル所属の遊ぶの(ひゅーず)君と6体全く同じ並びになっています。
もともと特に相談などをせずに組んだ構築がたまたま6被りしたので、そこから相談していった結果です。そのためお互いの中身を全て知っていた上6体被りなので3位決定戦はなかなか楽しいことになりました。リザXで詰まないようにしながら零度当てた方が勝つのが選出段階から明白だったので。

話が逸れました。この構築についてですが、なかなか説明が難しいです。基本としては有名な並びであるマンムーゲンガースイクンから組み始めていますが別にこの基本選出に拘るわけではありません。
基本的に環境メタを重視しつつ強いポケモンには明確に強いポケモンを集め、同時に対面性能もある程度求めた感じになります。よって選出段階で役割対象を想定し、それに合わせた選出と立ち回りが要求されるのでイージーウィンはほとんど不可能です。はっきり言って非常に疲れる上選出や立ち回りの1つのミスがかなり痛いです。しかし逆にうまく使えればかなり広範囲に対応できるのは3位と4位に同じ並びで入れたことで証明できたかなと思います。
とりあえず個別説明に入ります。

マンムー@珠
マンムー
186-200-100-*-80-132
地震/氷の礫/氷柱針/毒々

一応構築の軸。珠礫でASガブ、珠地震でH振りギルガルドが確定で落ち、甘えた後出しを許さない珠マンムーです。今の環境に準速ガッサが多いことと地震でギルガルドを確定にするために意地っ張りASで採用しています。対面性能の高い襷も魅力ですが、火力が足りないと感じ、実際珠のおかげで勝った試合が沢山あるのでこれで良いと思います。

技構成は地震礫までは確定、氷柱針と氷柱落としは選択で最初は氷柱落としで採用していたのですが、襷ガッサがどうしても面倒なのと命中不安で氷柱針に変更しました。氷柱落としの3割怯みはすごく魅力的なので悩ましいですがそもそもそんなに打たないので打つときに外さない氷柱針推奨です。
毒々はこのポケモンが呼ぶ耐久に打つのとゲンガーの祟り目との相性を考えての技です。ただ氷柱落とし採用の場合怯みと合わせてダメージを稼げたのですが氷柱針だと微妙なのでここは変えていい枠だと思います。あんまり欲しい技が思いつかなかったのですが、終わってから重いダウンロードポリ2対策に馬鹿力やワンチャン掴む地割れでもいいかなと思いました。絶対零度を覚えてくれれば即採用したんですが。地震(氷柱針)+馬鹿力でH振り輝石ポリ2を落とすことができます。一応ナットレイも。

環境にボルトランドが非常に多いのでこのポケモンはものすごく刺さりました。環境メタから組んだのでガブやランドにスペックでは劣りますが、特有のタイプが本当に強く、レートでは厳しくてもオフや大会なら活躍するポケモンでした。

ゲンガー@ナイト
ゲンガー
149-*-106-203-116-200
鬼火/祟り目/ヘドロウェーブ/道連れ

鬼火祟り目ゲンガーです。マンムーの重い耐久系とガルーラに投げて行くポケモンです。
配分は有名なもので、技構成は鬼火祟り目道連れは決定。フェアリーにやや薄いので毒打点が欲しく、ヘドロウェーブ。ヘドロ爆弾とどっちがいいかは微妙なのですが折角交換して貰ったのでこれを使いました。
上に書いたように各々のポケモンの役割対象がはっきりしていることが多いので基本は重いポケモンと1:1交換する立ち回りをします。勿論物理アタッカーには積極的に鬼火を入れて行きます。特にガルーラです。マンムーの苦手な耐久ポケであるクレセリアやフシギバナには強いのですが、ポリゴン2に弱め、スイクンが微妙なのが難点です。

スイクン@ゴツメ
スイクンpng
205-95-176-116-136-98
熱湯/冷凍ビーム/神速/絶対零度

零度スイクンです。ここまでで重いファイアローやバシャーモを見たりゴツメでガルーラの削り、耐久ポケモン(特にスイクン)に零度を打ったり冷B+神速で襷ガッサを倒せる(かもしれない)です。
サークルの先輩のほえらさんに借りましたが零度を3/5当てる神ポケモンでした。
零度スイクンはニンフィアやゲンガーでなんとかなることが多く、厳しいのはやはり瞑想スイクンなのでこいつで分からせて行きたいです。

アイテムはガルーラ意識のゴツメで決定、技構成も熱湯零度は確定、冷B神速でキノガッサを見たいのでその4つです。物凄くミラーコートが欲しいですが残念ながら技スペがないので、電気はマンムーでなんとかします。
配分としてはB11nまで上げて、多少ミラー意識でSに振り、キノガッサへの冷凍ビームのダメージが変わるのでC116まで上げて残りHです。残りとはいえ殆ど振り切ってますが。

上2匹の厳しい相手の誤魔化し枠です。厳しい電気をマンムー、草をゲンガーが見てくれるので動きやすいです。やはりこの3匹の並びは厳しい相手もいますが安定します。

ボルトロス化身@オボン
ボルトロス
186-121-101-145-134-121
10万ボルト/蜻蛉返り/電磁波/挑発

飛行の一貫を切ったり、相手のゲンガー対策、重めのマリルリスイクンバシャーモなどに出れるポケモン。
こいつの蜻蛉返りから有利対面を作りリザードンやゲンガーで展開する、電磁波挑発で害悪対策や積みストッパーとして使う、電磁波まいて祟り目ゲンガーに繋ぐなどの使い方をします。しかしこいつを選出するとパーティパワーが落ちるというかこいつで展開して2体で押し切れるほど裏が強くない(2体で押して行くには火力や耐久などが不足しがち)のと火力不足で腐りやすいため明確な相手以外には選出しないため選出は少なく、オフでの選出回数は0回です。しかし見せ合い段階で面倒な相手を抑制してくれますしこいつがいないと詰む並びが結構ある上害悪対策になるので必要な枠です。

マンムーとスイクンで氷打点は足りていること、蜻蛉を地面タイプに打ってマンムーの礫で縛りたいこと(ランドロスの威嚇がマンムーに入らなくなる)から10万蜻蛉電磁波挑発の4つの技が確定。
めざ氷非採用なので図太いにするよりクレセゲンガースイクンに回しやすい穏やかで採用。マリルリの太鼓ジェットは耐えないので叩かせないように立ち回ります。配分はメガバシャーモのフレドラ耐えまでBに振って残りD、個体値を下げてSを実数値121(個体値10)にして準速キノガッサに抜かれながら大体のスイクンを抜けるラインを確保しました。キノガッサの下から蜻蛉返りを打って襷を潰しながらリザードンなどに展開できます。ただ純粋に襷CSの方が腐りにくくてストッパーにもなっていいかもしれません。

リザードン@X石
リザードン
153-200-132-*-105-152
ニトロチャージ/剣の舞/逆鱗/フレアドライブ

ここまで物理打点が少なめなこと、ハッサムやナットレイが重く強い炎打点が必要なこと、スイクンやゲンガー、ニンフィアに出たいことからこのポケモンを採用。スイクンに強い炎物理というのがどれだけ考えてもこいつくらいしかいませんでした。
剣舞逆鱗でスイクンを倒せたりニトロチャージでゲンガーを道連れされずに倒せ、この構築に不足しているエース枠としても採用できるので非常に合っています。ギルガルドやクチート、ニンフィアなどをフレアドライブでたいてい1撃で落とせます。

技構成は役割上この4つで確定。地震、雷パンチ、ドラゴンクローなども欲しくはなりますが抜く技がありません。
剣舞逆鱗でHBスイクンを倒すために意地ASです。素早さが欲しい場面もありますがそれより火力が重要です。
こいつでうまく積めれば相手のパーティを半壊させることができますが逆鱗に死に出しされたマリルリに太鼓されると詰むのでそれに気をつけましょう。また、このポケモンとスイクン以外は対面でH振りマリルリのHPを75%以上削れる技を持っていますがこのポケモンにはないのでマリルリがいると動かしにくいです。

ニンフィア@眼鏡
ニンフィア
191-*-104-166-150-83
ハイパーボイス/破壊光線/めざめるパワー岩/サイコショック

ドラゴンと悪の一貫が辛いこと、耐久型へ打てる特殊高火力が欲しいこと、ローブシンがめちゃくちゃ厳しいことからこのポケモンを採用しました。

一般的なニンフィアよりかなりBに振っていますが、これで意地鉢巻ガブリアスの地震を最高乱数切って耐えます。この構築だと鉢巻地震に後出し出来ないのでこの調整が必要になります。サークルのトリプル勢の友達が、夏休みに行われた関西ポケサーリーグの試合でかなりBに振ったニンフィアを使っていたのを見て、そこまでは振らないにしてもシングルで耐えたい物理攻撃をある程度耐えて対面性能を上げれば強いのではないかと思い、H振りポリ2をハイパーボイス2発で倒せる程度までCを妥協してBに多く裂きました。

意地鉢巻ガブの地震だけでなくこの構築で面倒なメガバシャーモのフレアドライブ、陽気メガリザードンXのフレアドライブ(意地は31.3%の乱数)、マリルリのじゃれつく+アクアジェットなどを耐えます。これでこれらのポケモンに対面で勝てるようになります。(マリルリはこちらのSが勝っていればですが)

またこれによりメガリザードンXにそこそこ強く、メガリザードンYのオーバーヒートも臆病なら低乱数なのでマンムー入りが厳しくなるリザードンの処理をこのポケモンにある程度委ねられると思いめざめるパワー岩の採用に至りました。メガリザードンXもASならめざ岩+フレアドライブの反動で倒せますしニトロチャージは2回耐えます。ファイアローにも強くなり、マンムー採用による穴を一つ埋めることができますが、あくまで選出段階で考える程度で実際に打つかは微妙なところではあります。
意地だとリザXのフレアドライブが乱数なのでそれを耐えるまでBに振りたいのですが、CやSも切れないのでこれで妥協しています。またニンフィアミラーを意識してSはもう少し上げたいので、Cを偶数にすることに拘らずSを1あげてもいいと思います。
Cは166で11nに近い偶数でH振りポリゴン2をハイボで超高乱数2になるまで振りました。サイコショックでH振りメガゲンガーが落ちないのでリザードンとボルトロスに任せます。これによりサイコショックの採用理由は薄いですが一応CSメガゲンガーを倒すために採用しています。打ったことはないですが他に入れたい技がありません。

ミラコスイクンの対策やラスト対面で無理やり殴るために破壊光線を採用。ラス1で押し勝てることが割とあり、持っていて確実に損はないと思います。実際予選ではこの技でスイクンとニンフィアを倒して1戦拾っています。H振りスイクン(チョッキ以外)なら超高乱数1なのでミラコを打たれるのを防いだり零度を打たれる回数を減らせます。

選出回数
マンムー 9/12
ゲンガー 6/12
スイクン 8/12
ボルトロス 0/12
リザードン 7/12
ニンフィア 6/12

先発
マンムー 4/12
ゲンガー 2/12
スイクン  0/12
ボルトロス 0/12
リザードン 2/12
ニンフィア 4/12

ブロックにユキノオー入りが10人中3人もいたせいでリザードンが多く、ボルトロスが少なくなっています。

9月末くらいから考えていた構築なので最終的に形に出来てXYラストで結果を残せてよかったです。
また結構攻撃的な構築で勝てたので自分に合っているのがそういう並びなのかなあと。
楽しい試合が多かったのでオフレポはまた後で書くつもりです。
2014-11-17(Mon)
 
プロフィール

くりぷとん

Author:くりぷとん
twitterID @krypton63

ORASレート 最高2194(S17)
SMレート
S1 最高2107
S2 最高2053
S3 最高2136 最終2101
S4 最高2106 最終2057
S5 最高2137 最終2037
S6 最高2124 最終2124

大会
第16回京大カップ準優勝
キツネの社突発200人規模大会優勝
第18回京大カップ優勝
第39回委員会オフ3位
第11回北大阪オフ優勝
第40回委員会オフ4位
第42回委員会オフ準優勝
第9回関西シングルFESTA3位
第3回P2オフ準優勝
第4回P2オフ4位

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。