スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

【第4回P2オフ4位】トリルポリゴン2+眼鏡テテフ軸

へるぴんさんの記事にあるトリックルームポリゴン2を軸に眼鏡カプ・テテフと組み合わせることでS操作とミミッキュへの対応ができると思い組んだ構築である。ポリゴン2を6世代からほとんど使ったことがなくいい機会だと思った。
細かい部分を自分の使いやすいよう考えレートで試運転し、土曜日のP2オフ及び日曜日のからきおす杯で使用した。
レートは1900前後を往復程度。P2オフは予選6-1でシード、準決勝及び再戦の3決で負けて4位、からきおす杯では0-1であった。
通すことを意識して動かすと強い構築であったと思うが、身代わり持ちの耐久ポケモンにポリゴン2を安易に起点にされることが多いこと、バシャーモ、キノガッサ、ルカリオなどの格闘に対して不安定であることからポリゴン2の選出が少なくこれ以上使うのは厳しいと思い公開することとした。

bd0d6e521c3fdf80a902e6488d269bbd.png 

カプ・テテフ@こだわりメガネ
175-*-109-188-135-115
サイコキネシス/サイコショック/ムーンフォース/シャドーボール
ポリゴン2@進化の輝石
191-*-144-110-128-80
イカサマ/毒毒/自己再生/トリックルーム
ゲンガー@ナイト
149-*-102-207-116-200
鬼火/祟り目/ヘドロ爆弾/身代わり
マンムー@命の珠
185-198-100-*-101-114
地震/氷の礫/氷柱針/叩き落とす
バシャーモ@ナイト
155-233-100-*-101-152
フレアドライブ/飛び膝蹴り/雷パンチ/守る
霊獣ボルトロス@電気Z
配分は今後使うかもしれないので割愛
10万ボルト/めざめるパワー氷/高速移動/悪巧み

あまり変わった個体がいないので単体解説は簡潔に。
カプ・テテフ
tapulele.gif 
この構築の中心。特にP2オフではほとんどの試合で選出した。メガボーマンダ、メガバシャーモ、メガガルーラ、メガリザードンXなどの前で動かすため物理耐久をなるべく高くした。4枠目はいろいろ試したが最終的にはギルガルドやメタグロスに交換読みで打てるシャドーボールを採用した。

ポリゴン2
porygon2.gif 
この記事を参考にした。主にミミッキュやゲッコウガ、メタグロスに対しての切り返しのポケモンである。しかし相手のカプレヒレやアシレーヌ、格闘タイプなどへの対応が難しく選出率自体はそこまで高くない。

ゲンガー
gengar-mega.gif 
配分はこの記事を参考にした。ポリゴン2が面倒なカプレヒレやキノガッサ、ルカリオなどに対抗できるメガシンカとして採用した。構築全体でボーマンダには強めなので凍える風ではなく身代わりを採用した。

マンムー
色マンムー 
ポリゴン2と同様にへるぴんさんの記事を参考にした。ガブリアス、ランドロスがあまり構築に合う地面枠ではないと判断し、崩しや対ボーマンダ、裏のバシャーモとの相性などを考えてこのポケモンを採用した。2体目のトリックルームエースではあるがポリゴン2との格闘弱点被りが大きな問題である。

バシャーモ
blaziken-mega.gif 
テテフが鋼を呼ぶので採用。レヒレアシレーヌギャラドスの処理や削りを考えた雷パンチを4枠目に採用した。ミミッキュ、ボーマンダに対しての切り返しをポリゴン2が担えるので構築相性は良い。

霊獣ボルトロス
thundurus-therian.gif 
水タイプが重いことや崩しがほしかったので採用した。結果的にバシャーモのバトン偽装のように見せることもできたのは良かったと思われる。メガ枠以外が低速なので高速移動からの上からの制圧力が優秀であった。

余談だが自分が使いやすいように組むために6世代の時に自身が使っていたマンムーゲンガースイクンニンフィア炎電気の構築をベースにした。(スイクンは今回いないが)
この構築も当時の構築も共通して言えることだが非常にプレイングや選出が難しく1戦1戦に集中できる大会向きだと思われる。


スポンサーサイト
2017-06-20(Tue)
 

SM周回等メモ

SMのメモ。慣れれば6時間かからずアローラのチャンピオンになれます。

続きを読む>>

2017-06-10(Sat)
 

関西予選1 簡易更新

自戒と日記を兼ねて更新。
結果としてはフェアリーブロックで予選6-3で5すくみでOpp落ち
使用構築は
ランドロス/カビゴン/ゲンガー/ボーマンダ/デンジュモク/オニゴーリ

別案がまとまらなかったためS3の構築を適当にいじったもので参加。S3の時オニゴーリを入れた方が強いかもしれないと少し思いつつも自分の信条に反するため採用せずにいたが、それで勝てるなら試す価値はあると思い今回は使用してみた。またおそらく今使わないとゴーリを自分で使う可能性が今後ゼロに等しいと思ったため性能を試してみようと思ったのもある。

結果的に全く役に立たなかったうえ構築の弱点が増えただけだったため2度と採用しないと心に誓った(実際選出するつもりで考えていた並びを全然引かなかったのはある)が、選出誘導自体はできていたらしい。

ちなみに催眠術は選出画面で無理と確信した試合(オニゴーリではなく別のポケモンを入れてこの試合を拾える可能性を上げるべきであった)で2回打って1回も当たらなかったが、9戦やって1試合しか押さなくて良かったという意味では運がよかったと思う。

そろそろ新しい構築を組んで関西予選2は抜けたいですね。
2017-05-29(Mon)
 

S3使用構築 臆病カミツルギ入りランドカビゲン 最高2136

e4558da22b1545ba66c4cb0bc3906678.png 

S3お疲れさまでした、今回はS3初期から練っていた構築の構築記事となります。
かなり自信があったのでもう少し上に行きたかったのですが、環境の変遷についていききれなかったことと自身の実力不足で、最高2136止まりでした。最終は2101くらいだと思います。

ランドロス霊獣@オボン
196-166-112-*-143-112
地震/蜻蛉返り/岩石封じ/ステルスロック
カビゴン@バンジのみ
264-130-128-*-134-50
欠伸/リサイクル/ヘビーボンバー/吹き飛ばし
ゲンガー@ナイト
135-*-101-222-115-200
催眠術/祟り目/ヘドロウェーブ/凍える風
水ロトム@達人の帯
141-*-127-167-128-127
10万ボルト/ハイドロポンプ/毒毒/めざめるパワー氷
カミツルギ@悪Z
159-176-151-59-177
剣の舞/聖なる剣/リーフブレード/辻斬り
デンジュモク@電気Z
187-*-94-220-96-125
10万ボルト/エナジーボール/身代わり/蛍火

構築経緯
シータさんの記事を見てステロ+欠伸吹き飛ばしカビゴンのスペックに注目し構築を組み始めた。その構築のゲンガーの裏エースを考え、その結果見つけたのが臆病カミツルギである。
陽気カミツルギはスカーフ持ちやゲンガーなどの高速ポケモンに止められてしまうが臆病の場合ビーストブーストでSが上がるので、ステロとカビゴンでうまく起点を作り削りを入れれば全抜きは容易な構築が多かった。

採用するステロ枠としてリザードン、ゴーストZギルガルド、カプ・コケコを意識してオボン慎重HDランドロスを採用した。欠伸を無効化するエレキフィールドを貼るカプ・コケコに強いというのは大きな利点であった。

そのためこの4体を軸に構築を考えていった。実際にはカバリザ、コケコランドグロスなどはカミツルギで全抜きできるため、選出できないのは主にボーマンダ、テッカグヤ、クチートである。クチートは前2体に比べて数もそこまで多くないためある程度甘えて前2体を意識することとした。
そのためゲンガーでボーマンダの処理を確実に行うことを考え、身代わりを外し凍える風を入れた。さらに裏2体でもボーマンダの取り巻き及びテッカグヤを意識することにした。

前4体ではテッカグヤ、ポリゴン2、受けループ、ブラッキーなどへの崩しが弱いためそのような並びに強く出れて且つそれなりに対面性能も確保できるポケモンを探した。その結果採用されたのは電気Zデンジュモクである。蛍火+身代わり+電気Zで非常に強い崩しを担うことができた。

ここまでは良かったが6枠目に悩むことになった。テッカグヤやカバルドンに強くポリゴン2やボーマンダに選出をためらわないという条件で探した結果、最終的に水ロトムの採用に至った。あまり信用しているポケモンではなかったが他5体では厳しい範囲にそれなりの勝ちを拾え、また実際刺さる構築はそれなりに多かったため悪くはなかったと考えている。持ち物は打ち分けができ火力を上げることができる達人の帯とした。

個別解説
採用順に解説する。
 
ランドロス霊獣@オボン
landorus-therian.gif
196-166-112-*-143-112
地震/蜻蛉返り/岩石封じ/ステルスロック

構築に必須のステロ撒きであり、地面と電気の一貫を切りながら蜻蛉帰りによる対面操作及び岩石封じによるS操作ができる優秀なポケモンであった。
持ち物はオボンにすることでカプ・コケコのめざめるパワー氷及びスカーフカプ・テテフのサイコキネシスをほぼ2耐えする。

カビゴン@バンジのみ
snorlax.gif 
264-130-128-*-134-50
欠伸/リサイクル/ヘビーボンバー/吹き飛ばし

ミミッキュの相手をすることが多いため配分はほぼHB特化とした。
技構成はこれで完成されている。ウェポンはミミッキュとカプテテフ、ゲンガーに通るヘビーボンバー以外ありえない。
非常に強かったが環境終盤にグライオンが増加したのが非常につらく、またよく凍ったり怯んだり急所で死んだりした。しかしそれでもクッションとしての性能はあまりにも高く、構築の中心といえる。

ゲンガー@ナイト
gengar-mega.gif 
135-*-101-222-115-200
催眠術/祟り目/ヘドロウェーブ/凍える風

カミツルギが入ったため裏エースではあるが終盤のボーマンダの増加で選出自体はかなり多かった。
凍える風は誰にも警戒されなかったため非常に多くのイージーウィンを拾うことができた。できるだけ催眠術を打たなくていいように組んだつもりではあるが逆に打つ時は打つとかなり割り切っており、それで拾った試合もかなり多い。むしろ展開構築の切っている範囲を確率でカバーできたのは単純に評価点であった。

カミツルギ@悪Z
kartana.gif 
159-176-151-59-177
剣の舞/聖なる剣/リーフブレード/辻斬り

第一のエース。性格は臆病かつA個体値は20-21である。
はっきり言って非常に火力不足である。どれくらい火力不足かというとステロ+舞リーフブレードでASガブリアスが43.8%でしか落ちない。
しかし環境のカミツルギのほとんどが陽気であり、カミツルギの処理を上から縛ることを目的としているパーティが多いためステロ+カビゴンによる削りで圏内に入れることができれば全員倒すことは容易である。
またSが上がるおかげで特殊耐久の優先度は低いため、ミミッキュなどの相手をすることを考えてHを高くしてある。これでもC200フィールドサイコキネシスくらいは耐える特殊耐久は確保できている。
このポケモンを選出できないのは主にボーマンダ、テッカグヤ、キノガッサ、フシギバナ、ジャローダ、クチートであり、その場合ゲンガーに頼ることとなる。
ちなみにASバシャーモはステロ+舞聖剣で高乱数で落とせるので一応選出できなくもないが現実的にそれで勝つのはかなり厳しい。
カバリザ、コケコランドグロスには楽に勝てたがアムハングロスと叩きランドには鬼の立ち回りを強いられた。というか結構負けた。まあ最終日付近にカバリザなんていなかったが。

デンジュモク@電気Z
xurkitree.gif 
187-*-94-220-96-125
10万ボルト/エナジーボール/身代わり/蛍火

上のカミツルギで厳しい低速高耐久を纏めて破壊する。
またクチートやハッサムもこのポケモンに処理を委ねることが多かった。
配分は
・C200フィールドサイキネ最高乱数切り耐え
・A197不一致地震最高乱数切り耐え
・蛍火10万でH振りガルドが87.5%で落ちる
・電気ZでD131メガメタグロスに165~
・最速テッカグヤ抜き
・C+3電気ZでH振りメガフシギバナが落ちる
・C+6電気ZでBDラッキーが確定
・ステロ込みC+4電気ZでBDラッキーが81.3%

程度である。下3行がこのポケモンの非常に高い崩し性能を表しているが、環境終盤に増加したグライオンに弱いのがあまりにも厳しく最終日はあまり選出できなかった。

水ロトム@達人の帯
rotom-wash.gif 
141-*-127-167-128-127
10万ボルト/ハイドロポンプ/毒毒/めざめるパワー氷

様々なポケモンを試したが、相手の欠伸や宿木によりカビゴンの欠伸ループで削りを入れられないカバルドン+テッカグヤがかなり厳しく、また一緒にいるボーマンダにも隙を見せにくい、さらにグライオンにも強くポリゴン2に選出をゆがまされないところまで考えてこのポケモンの採用に至った。
もともとはクチートやハッサムを意識し、帯オバヒでギルガルドやテッカグヤを落とすことを考えた炎ロトムであったが(個人的に結構気に入っているので個別で記事を上げるかもしれない)マンムーにオーバーヒートを打ちたくなかったことやカバルドンの処理、ステルスロックや岩技のダメージが少ないことなどから水ロトムとなった。

配分は
・帯めざ氷でASメガボーマンダが最高乱数切って落ちる
・最速テッカグヤ+3
・DL対策
・意地マンダの+1捨て身タックルをステロ込みで耐え
程度しか考えておらずもう少し練れるかもしれない。ちなみに帯ハイドロポンプでHDカバルドンは振り切っても乱数であるため少し削ってから殴りたい。ギルガルドのZシャドボ耐え程度の耐久なら余裕で落とせる。
毒毒はポリゴン2やカビゴンを意識した技で鬼火との選択であるが毒による選出範囲の増加はかなり大きかったのでこちらの方が強いと思われる。

以上が構築解説となります。
サンムーンが出てちゃんとシーズン最終日付近に潜ったのは実はこれが初めてで(S1は用事、S2はあまりにも弱くレートが低すぎた)目標とする結果には届きませんでしたが楽しかったです。
来期以降も多分頑張ります。

special thanks 
ジェット 構築共有及び相談
彼の構築記事はこの記事となります。
最終日付近通話に入れていただいた各位





2017-05-16(Tue)
 

最近のいろいろ

S2自体は惨敗してしまいましたが大会等はいい成績を残せたものもあり、全国シングルFESTAも終えたので、広告回避も兼ねて更新

・レート
最高2053最終1900前半で終わり、最終日に持っていく構築がうまく纏まりませんでした。次シーズンは頑張ります。

・オフ
第9回関西シングルFESTA 3位
第3回P2オフ 準優勝
第2回はまるオフ ベスト24

全部抜けているため悪くはない。シングルFESTAの構築記事は下書きにあるので上げてもいいのですが今更感が否めないので多分上げません。その構築はほぼジェットが考えたものなのでここで彼に感謝の意を示しておきます。

・全国本戦
3-5で終わり。運もなかったですが、やはり立ち回り選出が甘かったので精進が必要と実感しました。
構築はP2オフのものがベースですが、まだ改良の余地が大いにあるのでどこかで結果を残せたら記事にしたいなと思います。

結果はこんな感じでした。2年前に真皇杯の権利をあと一勝のところで逃しているため今回全国の権利をとれたこと自体は非常にうれしかったですが、プレイヤーとしてはまだまだ甘いことを痛感しました。夏前にはまた真皇杯もありますしそちらでも権利を取れるよう頑張ります。

また全国シングルFESTAの各地方予選に参加してくださった皆様ありがとうございました。自身はあまり都合が合わず関西しか参加できませんでしたが、楽しんでいただけたなら幸いです。

2017-03-21(Tue)
 
プロフィール

くりぷとん

Author:くりぷとん
twitterID @krypton63

ORASレート 最高2194(S17)
SMレート
S1 最高2107
S2 最高2053
S3 最高2136 最終2101
S4 最高2106 最終2057
S5 最高2137 最終2037
S6 最高2124 最終2124

大会
第16回京大カップ準優勝
キツネの社突発200人規模大会優勝
第18回京大カップ優勝
第39回委員会オフ3位
第11回北大阪オフ優勝
第40回委員会オフ4位
第42回委員会オフ準優勝
第9回関西シングルFESTA3位
第3回P2オフ準優勝
第4回P2オフ4位

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。